神戸ルミナリエ ハートフルデイ

障がいのある方や介助の必要な高齢者が一足早くゆっくり安全に鑑賞できるようにと、今年もハートフルデイが開催され、利用者4名(支援員4名)が参加しました。

今年のテーマは「光の抒情詩」です。22年前の大震災の被害に会われた方への鎮魂の思いを馳せるイベントとして市民に愛され続けています。%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-12-01-8-42-06